LAZADA香港は関税などを立て替えてくれるのか

最近ちょくちょく書いていたLAZADAに関する情報。
そのメルマガ内のリンクに差し込んでいるクリック数と
一昨日配信した
「儲かる商品を1日1つ配信する企画」のリンクのクリック数

 

5倍以上の差がありましたよ!!w

 

 

どっちが多かったかって!?

そんなもん聞かなくても分かるでしょうw

 

 

いかにLAZADAの情報が求められていないのかが
よーーーーーく分かりましたw

 

 

私はこれからも誰も望んでいないLAZADA情報を
独り言をつぶやく危ない人のごとく
求められてもいないのに配信し続けましょう。

 

今からやっぱり
「儲かる商品を1日1つ配信する企画」
に参加したい方はこちらからどうぞ。
http://tateishi-m.jp/l/m/hrGVpgcBCC7ktf
※スマホからしか参加できないようです。

小型商品プログラムの商品を紹介したり
結構タメになる情報がちょこちょこ出てきています。
国内転売の有名な方々も参加しているらしい!
私そのあたり疎いので、だれがスゴいのかよく分かってないw

 

 

 

それではいきますよー!
求められていないLAZADA情報w

FBLを利用していない海外セラーは
商品を一度香港に送るわけですが
そのときにかかる関税をLAZADAが立て替えてくれるのか。

さぁ、どうだと思います?

 

 

実は一昨日こんなことがありました。
先日アメリカから香港に送った荷物が
発送時の不備で第三者払いが適用されておらず
着払い設定にて発送していることが分かりました。

あわててアメリカ側と日本側の担当者に
弊社のアカウント払いに切り替えてもらうよう
依頼しましたが、支払先を切り替える前に
LAZADA香港センターに到着しました。

 

 

その時、LAZADAが着払い送料を立て替えて
荷物を受け取ってくれたのか。

 

正解は受取拒否です。

 

 

まぁ当たり前ですよね。
ここで受け取ってしまったら
LAZADAに恨みを持つ人間が
着払いで荷物を送りまくるかもしれません。
まさに頼んでもいないのに届くピザ状態です。

 

 

 

ということは、関税がかかった場合
LAZADAは商品を受け取ってくれません。

では、関税が荷受人が払わなくていいように
アカウント払いで送るしかないかというと
実はそんなこともありません。
だって、私EMSやeパケなどアカウント払いできないもの
つまり
関税を荷受人が支払うしかない配送方法でも送っていますしね。

 

 

じゃあどういうことよ!?

凄く勿体ぶった感じになって申し訳ありませんが
香港はゼロ関税です。
付加価値税や消費税もありません。
すなわち、送料着払いで送らない限りは
荷受時にお金を支払う必要はありません。

 

ということで
皆さん、安心してEMSなどで発送してください。
やる人がどれだけいるのか分かりませんけどww

それでは!

メルマガ登録はこちら

物販関係の最新の記事
Amazonの検証結果などを中心とした
メルマガです。興味のある方は是非登録してみてください。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ