東南アジア版Amazon=LAZADAで販売してみた

みなさん、調子いかがでしょうか?

私は元気ですが
キーボードのNの挙動がおかしなことになりました。

Nを打つと2回押したことになったり
0回押したことになったりと非常に不安定です。
すごく気を使ってタップしています。
買い替えですねw

 

 

タイトルの件ですが
最近、LAZADAでの販売を初めてみました。
LAZADA=東南アジア版Amazonです。

 

去年だったかな、Alibaba資本が注入されたので
中国商品およびコピー品がなかなか多いのと
11月11日や12月12日にセールがあったりと
タオバオに非常に似ているなと。

FBL(フルフィルメント バイ ラザダ)があるあたりは
Amazonに似てますねw

 

 

で、LAZADAで販売できる国は現在
マレーシア
シンガポール
ベトナム
タイ
フィリピン
インドネシア
の6ヵ国です。

 

そのうち、最初に出品ができるのはマレーシアだけで
それ以外の国は「優秀なセラー」と認められたら
販売ができるようになります。
ちなみにマレーシアの人口は5000万人程度
インドネシアが2.5億人程度です。

 

 

 

売上規模的に言うと
正確な数字は見当たらなかったですが
誰かのブログの記事を信じると
2015年で10億ドルだとか。

参考までにAmazon.co.jpの2016年の売上が
100億ドル
Amazon.comの売上が
1300億ドル

年度は違いますがAmazonのほうが圧倒的w

 

 

ただ越境EC、越境ECという言葉を去年から
よく聞くようになりましたが
中国向け輸出の次は、東南アジアでしょー!
ということでなんとなく進めています。
実際どんなもんか知りたかったですし。

 

 

で、LAZADAのセラーとなってから
LAZADAからの連絡がちょろちょろ入ってくるんですが
先日12月12日のセール日の売上高は
2億5000万ドルで前年比2倍だったそうです。

ということは、2015年に10億ドル/年の売上高だったそうので
毎年2倍成長していると仮定すると
2016年に20億ドル
2017年に40億ドル
2018年に80億ドル
2019年に160億ドル←日本Amazon超え

こう、うまくいっているかは分かりませんが
2020年までには100億ドル目指してるようなので
やっぱり、やっておいても面白いだろうと思います。

 

 

 

あ、ちなみに初めて1ヶ月くらい経ちましたが
今のところの弊社の日商は最高で
2421RM(マレーシアリンギット)
6.5万円くらいです。

今日は今のところ
1395RM=3.7万円
です。

利益率は30%で回しています。
月商100万は見えましたが、まだまだ謎な部分が多すぎます。
出品数増やして、マレーシア以外にも出品できるようになって
とりあえず月商1000万を目処に頑張ってみます。

一応、5000万はいけるだろうと読んでいます。

 

 

全然話変わりますが
明日からついに事務所を借りて真面目に仕事しますw
これで仕事が捗るぜーーー!!
ということで、ここ最近バタバタしておりましたw

 

それでは!

メルマガ登録はこちら

物販関係の最新の記事
Amazonの検証結果などを中心とした
メルマガです。興味のある方は是非登録してみてください。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ