国内転売組み困る規約変更と無在庫組み喜ぶ規約変更

本日Amazon.co.jpの規約変更があり
せどらーを始めとした国内転売の方々が
ざわついています。

その裏でこっそりと
Amazonが新しい機能の導入を進めています。

 

刈り取り系を始めとした国内転売組は困り
無在庫セラーは喜ぶ
という形になります。

今回の2つの変更(厳密には1つはまだ導入予定)
そのまま文面だけを理解して
その通りに行動すればいいだけですが
その背景を考えると結構面白いです。

 

 

まず背景として
Amazonは営利企業なので
当然お金を稼ぐ必要がありますが
顧客至上主義でもあるので
そのバランスを絶妙に取る必要がある。
ということを念頭に置いておく必要があります。

 

 

 

まず、国内転売組みが困る規約変更ですが
以下になります。

新品商品のうち、以下に該当する商品は出品できない。
1.個人(個人事業主を除く)から仕入れられた商品
2.メーカーが提供する保証がある場合、保証期間その他の条件において、メーカーの正規販売店と同等のメーカー保証を購入者が受けられない商品
3.Amazon.co.jp上(Amazonマーケットプレイスを含む。)で仕入れられた商品

 

そのままズバリ理解すると
1.メルカリとか ラクマで仕入れたのはダメ
2.家電量販店で仕入れた商品は保証期間が仕入れた日からになるからダメ
3.Amazonで刈り取った商品の再販はダメ

 

です。
実際の運用はこれから変わってきたりするでしょうから
テクサポに確認してください。

 

 

ただ、これ厳密に実施すると
国内転売ヤーは相当厳しいのが分かると思います。

 

これねー・・・

1.に関しては
確かにフリマアプリで偽物商品が横行していて
真贋の問題が多発していました。
お客様に偽物の商品を販売するのを止めないわけにはいかないので
疑わしきは全部罰する!
ということで、仕方ないです。

2.に関してもお客様のことを考えたら
保証がきちんと受けられない商品は困ります。
保証が1年受けられない商品ってそもそも新品なのか?
と考える人もいそうです。

個人的には、最近Amazon.comが
米国小売(トイザらスとか)を駆逐していることを鑑みて
実店舗持った小売にも少しは気を遣ってるよ~
というアピールなのかな?
とも思ってますw
3.に関しては
せどらーが刈り取らなければ
安値でその商品を買えたお客様もいたわけで
仕方ないっちゃ仕方ないです。

利益だけ考えれば刈り取り時の販売手数料と
刈り取ったせどらーが再販したときの販売手数料で
2重に取れたわけですが
そこは顧客の利益を優先したということでしょう。

 

つまり、これらの商品は
「お客様に被害を与えるおそれのある商品だった」
と言えます。
これを放置しておくと
Amazonに対するお客様からの信頼が減り
減収となる可能性もあります。

 

 

だから、個人的には
「当たり前な規約変更だな」
と考えています。

せどらーさんが今後同じことを続ける方法
普通にありますが、皆さん続けるのかな。。。

 

無在庫セラーは知っている。
Amazonは容赦なくアカウントを
サスペンドしてくることを。

 

 

 

それに対して、無在庫セラーが喜ぶ新機能
それが
「お取り寄せプログラム」
です。

簡単に説明すると
納期が分からない無在庫商品を出品
売れてから納期を確認してお客様に連絡し
発送すればok
というものです。

 

今までもドロップシッピングはokでしたが
納期は事前に設定する必要がありましたが
それが不要になりました。

無在庫セラーにとってもっとも嬉しいのは
「お取り寄せ商品で認められるキャンセル率」
です。

なんと20%(予定)まで認められています。
5個に1個はキャンセルしていい・・・

 

 

全部の無在庫商品をお取り寄せ出品したら
無敵・・・
と思った人も多いでしょうw

 

リードタイムを事前に明記した場合に比べ
お取り寄せの場合のほうが
カート取得率が極端に下がるなら控えるべきですが
変わらないのであれば、おそらく皆さんこちらを使うでしょう。

で、多数のお客様からAmazonに

「なんか毎回納期の連絡が来て、うざい。
なんかシステム変わった?」
と通報が入り
お取り寄せプログラムの利用が
制限される未来まで私には見えますwww

 

この新機能ですが
これによって今まで出せなかった商品を
出品する企業や個人セラーさんが増えるでしょう。

そうすることで、品揃えも増えお客様も喜びます。
そして、Amazonの収益も増えます。
利益も増え顧客満足度も増えるということで
Amazonに取っていいことしかないわけで
やらない理由がないわけです。

 

 

ということで背景から考えると面白いよ
って話と
国内転売組みの方々は対策考えましょう!
という話でした。

 

 

あぁ~
せっかく作った刈り取りツールの仕様書
ちょっと無駄になったな。

 

 

あ、そうそう
フォローメールツールですが
無料でモニターさん募集してます。
ものとしてはこんな感じです。
http://tateishi-m.jp/l/m/ViUQ3eoJyZj023

今週か来週には募集するので
使ってみてもいいよ!
という方はこちらに登録しておいてください。
http://tateishi-m.jp/l/m/kEZ0e0BdsXOkRo

 

それでは!

メルマガ登録はこちら

物販関係の最新の記事
Amazonの検証結果などを中心とした
メルマガです。興味のある方は是非登録してみてください。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ