日米でFBA納品先をお得に固定する方法

無駄払いにならないように・・・

こんにちは、立石です。

 

みなさんは
国内AmazonでFBA販売をしていますか?
している場合
納品先指定オプションを利用しているかもしれませんね。

 

納品先指定オプションを利用しないと
同じ商品をFBA納品するにしても
毎回納品箇所が変わることになったり
小型・大型商品で納品先が別れたりと
めんどくさいです。
やたら遠くの倉庫指定されて納品まで時間かかることもあります。

 

だから、多くの方が自宅地宅のFBA倉庫
もしくは、小型・大型商品の
どちらも取り扱っているFBA倉庫(多治見とか)
に納品先固定されている方が多いかと思います。

 

ただ、納品先指定オプションは
小型商品で1つあたり5円
標準商品で1つあたり8円
の手数料がかかるので、これヤダなー
という方の技として「無地ダンボール指定」
を使う方法があります。

 

 

 

マルチチャネル発送時に
Amazonのロゴが印字されたダンボールで配送されたくないなー
という方のためのサービスで、こちらを使うと
無地ダンボールを取り扱っているFBA倉庫
に納品先が固定されます。

そして、これはタダですw

 

 

ということで、私も利用しています。
といっても私の場合は
自社EC、ヤフショなどで販売している商品を
マルチチャネルで自動発送しているので
Amazonのロゴがあると本当に困るので
利用しているアカウントがある。
という形です。

 

他のアカウントでは
納品先固定していなかったりします。

 

 

他のアカウントで利用していない理由は
Amazonが納品先を固定するの嫌がっているからです。

Amazonいわく
「各FBA倉庫に同じ商品でも在庫のバラツキがあり
九州地方のお客様なのに、九州地方に在庫がない。
このバラツキをなくしたい(建前)」

 

ということなので
在庫がないところに納品したら
その地方の方からの注文増えるかな〜
と思って、あえて固定していません。

 

 

 

 

ちなみにAmazon.comでも
FBA納品するにあたり似たようなサービスがあります。
「納品先固定オプション」にあたるサービスが
Inventory Placement Service(在庫分散サービス)
です。

 

Amazon.comの場合
日本のAmazonと違って何も考えずに納品プランを作ると
同じskuの商品でも納品先が別れることがあります。
例えば、同じ商品を40個納品する際に

10個はA倉庫
20個はB倉庫
10個はC倉庫

となります。

3箱に分けて納品する手間もかかりますし
海外配送なので3箱に分けて送ると送料が
だいぶ高くなります。

 

 

そのため、Inventory Placement Service
は多くの方が利用しています。

ただし、こちらのサービスも以下の2つの欠点があります。
1.back orderの時間が長い(この期間中はカート取得率が少し下がります)
2.手数料がちょっと高い(1ポンド以下でも$0.3)

 

Inventory Placement Serviceは
1箇所のFBA倉庫に納品された商品を
Amazonが各倉庫に再配送するサービスのため
これは仕方ない部分ではありますが
低単価の商品を高回転させて利益を出したい場合
地味に痛いです。

 

 

では、お金をかけずに倉庫を固定する方法がないか!
あるっちゃあります。
それはsmall and light(小型軽量商品プログラム)
を利用する方法です。

small and lightは
小型(16*9*4in以下)で軽い(15oz以下)
$10以下の商品を通常のFBA手数料よりも安く販売することができる。

というものですが、こちらを利用して納品することで
納品先はsmall and light対応の倉庫に固定されます。
そして固定費用は〜〜〜〜

 

 

 

無料です。
お得ですねーw

 

 

気をつけてほしいのは
small and light商品を納品する際に
Inventory Placement Serviceを利用していると
元々納品先は1箇所なのに
納品先を1箇所にする手数料が取られますw

 

併用しないように気をつけましょう。

それでは!

メルマガ登録はこちら

物販関係の最新の記事
Amazonの検証結果などを中心とした
メルマガです。興味のある方は是非登録してみてください。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ