ライバルセラーの嫌がらせ〜知財編〜

国内Amazonのサスペンド祭り落ち着きましたね。

 

先日発生した国内Amazonのサスペンド祭りですが
私の周りでは復活してきた方が増えてきました。

テストアカウントがちょうど知財でやられまして
それを復活させた復活テンプレをスクール内にも配布したので
サスペンドしていた方もみなさん復活できるでしょう!

というか
復活するまで応援します!

 

知財違反の警告は
・一部本当に違反だったもの
・違反ではないけど差し止めたい権利者がAmazonに訴えたもの
・ライバルセラーの嫌がらせ

の3パターンが存在するんですが
ここ最近嫌がらせが多すぎて多すぎて・・・
嫌がらせパターンは大体この2つで
セラーが商標権侵害を訴えましたと連絡が来ました。
特許情報プラットフォーム(旧IPDL)で調べました。
そんな商標権そもそも存在しませんでした。

という可愛いものならまだしも
全然関係ない第三者(ライバルセラー)が
実際に存在する商標権を商標権者に変わって
勝手に訴えているケースも存在します

 
つまり
私がソニーの商標権者でもないのに
ソニー商品を出品しているセラーに対して
知財違反をAmazon経由で訴える。
という形です。
さすがにソニーであれば
Amazonもちゃんと調べて
メールアドレスのドメイン
などから
「なんかおかしくない?」
となるでしょうけどね。

 

 

第三者が訴えた場合であっても
実際に違反していればAmazonに情報を流すのは良いですが
普通に売ってるものを買って
それを販売しているだけで知財違反って言われても・・・
※そのケースで違反になることもあります(例えば偽造品の再販)。

 

 

 

プラットフォーム販売の宿命というか
プラットフォームが決めたルールが全てなので
それを悪用する人がどうしても一定数出てくるものですね。

 

ちなみに、Amazonが
「知財違反ですよ〜」
と警告してくるフローは
過去の経験則から類推するに

・誰か(権利者等)が商標権番号を添えて知財違反を訴える
・そのASINをまさに今、指摘したセラーが出品している

これが揃うととりあえず警告メールが飛んでくると思われます。
あくまでも経験則からの想像です。

 

それに対して
・知財違反を訴える
・そのASINをまさに今、指摘したセラーが出品していない(過去していた)

のケースの場合
「今出品してないから、また出品してたら言ってきてね」
と返されます(これは経験談)。

 
聞いたこともないような企業の商品に関して
商標権侵害などの知財違反を訴えられると
Amazonはいちいち商標権調べないでしょうし
実際に商標権が存在したとしても上記のような
ライバルセラーの嫌がらせのケースもあります。

 

 

事実、今回サスペンドしたテストアカウントに来ていた
知財違反のうち少なくとも1つはこのパターンでした。

知財違反を訴えてきたメーカーに確認の電話をしたら
「そんな違反報告はAmazonにしていない」
と言われ、メールアドレスのドメインとメーカー名も
まったく一致しないものでした。
つまり、第三者が適当に訴えたということですね。
これを「ライバルセラーを減らす裏技!」
と言って教える人もいるようなので
言葉にならないですねw

 

それでは!

 

メルマガ登録はこちら

物販関係の最新の記事
Amazonの検証結果などを中心とした
メルマガです。興味のある方は是非登録してみてください。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ