人って大事だな〜と会社の売買を見て思った話

メルマガのほうで10名だけ募集しますと
スクールの説明もほぼせずに
いきなりPayPalリンクだけ載せるという
だいぶ荒いセールスをしたスクールですが
綺麗に10名の方にご参加頂けました。
ありがとうございます。

正式な開講は16日からですが
事前に準備できるところ(登録系など)先に準備して頂ければと思います。

 
先日、税理士さんから
「こんな会社興味ありませんか〜?」
と会社の買収に関する提案がありました。

物販系の会社だったので、シナジーが見込めたこともあり
興味を持った私ではありましたが
事前に大体いくらくらいで売買されるか聞いたところ
会社にあるお金では足りませんでした。

 

ポケットマネーを出そうと思ったのも束の間
速攻で家族からNGが出ましたw

理由はそれだけではないんですが
「は、はいー、じゃあ諦めます」

 
ということで、弊社と関係のある会社にその話を持って行ったところ
興味があるとのことでしたので
先方(会社を売却したい方)とお話しをすることに。
そこに何故か私も混ざってきました笑

NDA結んでいますので売買に関する詳しい事情や
年商・営業利益などはお話できないので
私が決算書を見たときのリアクションだけお伝えすると

 

「え!?これをこの価格で?」

でした。
もちろん、「これは買わない理由ないでしょ」
というほうの驚きです。

 
その日のお話し自体は終始良いムードで進みまして
売りたい側も買いたい側も前向きに検討するということで
お話は終了。

 

このまま決まるかな〜(ライバル数社いますが)
とのほほんと考えていたところ
先方(会社を売却する側)から連絡がありまして

「従業員が戸惑っている」

とのこと。

 
まぁ、そりゃそうですよね。
売る側も、買う側も頭だけすり替えて
「はいおしまい!」
という形の人たちではなく
従業員の意向を汲み取りながらお仕事をされる方々ですが
やはりそれでも不安はあるし、戸惑いもあるし
若干の裏切られた感も出てきますよね。
もし売買が成立したとしても
給与面などを改悪することはないでしょうが
「お金じゃなくて人なんだよ人!」
ってことですね。

やはり、人はお金に付くのではなく人に付きますね。
※もちろんお金も大事ですが。

 
今回はふわっとしたお話しになりましたが
そもそもこういう話が出てきたのも
ちゃんとした税理士さんと契約していたからです。

その税理士さんからの提案がなければ
「会社買おうかな〜」
ということすら私は考えていませんでしたw

 
このあたりのお金をケチって自分でやったり
格安のところに依頼するのは
個人的には勿体ないと思っているので
BL/PLが読めるレベルの知識を持った上で
ちゃんとしたところに処理は依頼したほうが良いですね。
それでは!

メルマガ登録はこちら

物販関係の最新の記事
Amazonの検証結果などを中心とした
メルマガです。興味のある方は是非登録してみてください。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ