こんな形で経産省とお話するなんて

クールジャパンを広げるために
経産省も官民一体となって色々と事業をしています。

TOKYO OTAKU MODEというFacebookページで
アニメ・漫画・ゲームなどのニュースメディアを
運用していた団体が、経産省系の官民ファンド
海外需要開拓支援機構(クールジャパン機構)から
最大15億円を調達した、なんて話もありますよね。

 

ここはFBページから自社のECサイトに飛ばして
そこで商品を購入してもらう、という形になっています。

 

日本の商品を販売している輸出事業者と
日本のコンテンツを使って外貨を獲得したい国との関係性は
切っても切れない中なので
仲良くやっていったほうがよいわけです。

 

 

 

ということで、本題。
経産省の方とお話をしました。

 

 

クールジャパンか!!
なんか売り込むのか!
資金調達か!!

 

 

という面白い話だったら良かったんですけど
全然違います。

 

 

弊社が輸出しようとした商品から
放射性物質が検出され、通関でストップしました。
そして、2週間以内に解決しないと
輸出事業がストップされるそうで・・・

 

商品は・・・
石です石。

輸出で石と言えば、分かりますよね?
包丁を研いだりする例のやつです。

天然の鉱物なんだから、そりゃ放射線出るでしょ。
岩盤浴なんて放射線浴びまくってるわけで・・・

と、グチグチ言っても始まらないので
通関業者と対応を検討しました。

 

ゴールは
1.通関させる
2.破棄する
3.引き取りにいく
のどれかです。
どれでもいいから早く処理したいわけです笑

まず何にせよ放射線の種類を特定してください
ということだったので
メーカーからMSDSを提供してもらい
放射線を放出する可能性のある物質を特定。

それでも、α、β、γ、中性子線・・・
どの放射線が放出されているかなんて分からないので
指示を仰いで、日本アイソトープ協会、原子力規制庁とやりとり。

 

 

結果的にはγ線でした。

あー、はいはいγ線ね〜

 

 

とはならない笑

 

 

 

 

通関させるためのやりとりは
経済産業省に回され、まずは安全補償貿易審査課とお話。
次に、経済産業省貿易管理部とお話。

同じ省内でもいわゆる「縦割り」になっているので
ここからここまでの許可はここで
そこからそこまでの許可はあっちの部署で
と細かーーーーく別れていることが
よーーーーーく分かる1件でした。

 

引き取りに行くにも国交省の許可が必要ということで
最悪の場合も想定し、並行して国交省ともやりとり。

 

 

でも、1番困ったのは
2週間以内に解決しないとダメだよとおっしゃった
通関担当のドクターが
こちらからの連絡を無視することです。。

2週間で解決してね
とおっしゃった方と連絡つかないことが
今回の1件の解決の1番のボトルネックでした。

 

 

結果的には
γ線は人体には影響がないとのことで
原子力規制庁からは許可がでました。

 

原子力規制庁からはね!

 

輸出には経産省と国交省の許可が更に必要
このまま長引かせて
輸出禁止事業者に割り当てられるのは非常に困るので
ひとまず成田に引き取りにいくことになりそうです。

 

今後、この石系の商品を輸出しても問題ないかは
きちんと各省庁に確認を取った上で進めようと思います。

 

 

いやー、まさかこの商品で止まるとは・・・
通関で止まると、内容にもよりますが
とってもめんどくさいです。

 

それでは!

メルマガ登録はこちら

物販関係の最新の記事
Amazonの検証結果などを中心とした
メルマガです。興味のある方は是非登録してみてください。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ