空売り詐欺のせいで売上が一気に増えるとレビューに入る

最近、よくツールに関する問い合わせをよく頂くので
今度メルマガでそのあたりのことも
連絡させて頂きますね。

 

 
Amazonではどの国でも
一気に売上があがると資金保留され
アカウントレビューが入ることがあります。

特に販売を開始した直後に
売上が一気にたつと
14日に1回の売上の入金が保留され
次回(28日目)に回されます。

 

これをされると、販売者としては
キャッシュフローが悪くなるので
たまったもんじゃないんですが
これをAmazonがするのには当然理由があります。

 

 
特に最近増えたように感じるんですが
空売りのセラーが増えています。
一見自社発送(無在庫)のセラーに見えるんですが
実態はかなり違います。

「売るだけ売って実際は商品を送っていないのに
発送通知だけ押す。」

というセラーです。
セラーというか・・・詐欺ですw

 

 
これをされると
購入者側としては
到着予定日から3日以上経過するのを待って
A-to-Z(マーケットプレイス保証)を申請して
返金してもらうのを待つしかないです。

 

そのため、Amazonとしては14日目の時点で
売上を支払うと、詐欺セラーには売上を支払い
詐欺られた購入者には補償する必要が出てくるので
いきなり売上があがったセラーに対して
資金保留をせざるをえない。

ということになります。

 
こういう詐欺セラーは他のセラーに比べ
価格が20%前後安く設定しているので
無在庫輸出入の際に、仕入れ対象とすると

・商品は来ない(発送遅延になりがち)
・2番目に安いセラーから買うと赤字になる

とダブルパンチで溜まったもんじゃないので
こういうセラーは仕入れ対象から外しましょう。

 

 

私はセラーを見ると
「あぁ〜、これは怪しい」
というのがパッと見で分かりますが
見分けやすいように書いておきますと

・評価が0(もしくはすべてネガティブ評価)
・自社発送セラー(FBAではない)
・価格が他のセラーより10〜20%安い
・ストア名が名前(日本人名や外国人名)

 

このあたりが揃うと
だいぶ怪しいです。
こういうセラーからは購入しないようにしましょう。

 

 

もし、ツールを使って一気に除外するのであれば
仕入れ対象とするセラーとして
・FBAセラーのみ
または
・評価が1個以上付いているセラーで
ポジティブ率が50%を超えているセラー

としておくと
まず詐欺セラーはヒットしません。
詐欺セラーは自社発送かつ
評価が0か、付いてもネガティブ評価になりますので。

 

こんな感じですね。

negative
8/25~27までで一気にネガティブ3つw
それでは!

メルマガ登録はこちら

物販関係の最新の記事
Amazonの検証結果などを中心とした
メルマガです。興味のある方は是非登録してみてください。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ