ビジネスをしていて絶対に考えること

 

決算対策!!

 

最近、身内が入院することになりまして
入院手続きやら
念のため限度額適用認定申請やら
保険の確認やらで
多少ばたついていました。

こういうときに
初めて保険のありがたみを感じるわけですが
個人でビジネスをしていると
法人で保険に入ったほうが損金扱いにできたり
色々有利だったりします。

 

 

ということで
「自分でビジネスをしていてお金が余って仕方がないぜ」
って方は、一度保険などを見直しましょう。
いわゆる決算対策ですw

 

 

もっとも有名なのは
退職金がわりにみなさんがかける
小規模企業共済ですね。

こちらは月額7万円までかけることができ
その7万円は全て所得控除となります。

 

自分の会社からの役員報酬を30万円としている方は
来期から37万円とし
差額の7万円を小規模企業共済にかけると
7万円が全額控除の上に
退職金として積み立てが可能です。

 

ちなみに、こちらは役員が入るもので
従業員さん用には
中小企業退職金共済
というものがあります。

こちらは月額3万円までかけることができ
所得控除ではなく、会社の損金扱い(経費扱い)となります。

 

 

次に
積み立て式の生命保険を会社で入るというのも
決算対策の常套手段です。
会社で生命保険に加入すると
半額が経費扱いにできます。

そのため
個人で入っている生命保険を解約して
法人のほうの生命保険に入る方が多いですね。

 

積み立て式にしておけば
会社を畳む際に退職金のような形で
受け取ることもできるので
上述の退職金制度と組み合わせると
なかなかな金額を受け取ることができます。

ちなみに、保険会社によるでしょうが
3000万程度の保証であれば
健康状態は自己申告で加入できます。

 

 

 

ここまでやっても利益が大きすぎるぜ!!
って方は
経営セーフティネット共済
に加入すると良いかもしれません。

こちらは、賭け金は800万程度が上限ですが
取引している会社が潰れた場合に
資金繰りが厳しくなると、自分がかけた金額の10倍まで
融資を受けることができるというもので
賭け金は100%損金扱いとなります。

 

税理士さんの事務所で
時間が空いたのでざーっと書きましたが
参考になれば幸いですw

 

PS
無在庫ツールのモニターさんが
カナダでの販売を始めたんですが
2週間ちょっとで売上11000CAD超えました。

「カナダやってくださいね〜」
とお伝えしてから
1ヶ月くらい経ってからのスタートですが
ご本人も
「もっと早くやってれば良かった!!」
と思っているでしょうwww

 

それでは!

メルマガ登録はこちら

物販関係の最新の記事
Amazonの検証結果などを中心とした
メルマガです。興味のある方は是非登録してみてください。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ