発送遅延になりそうなときの対策

メルマガでは前々回
ブログでは前回の記事にあたる
「返品ポリシーや免責は細かく書くべき」
への反応がやたら多くて、ちょっとビックリしました。

個人的には
自衛のために当然設定しているものだったんですが
「昨日のメルマガで焦って設定しました!」
というような内容の返信を多数頂きました。

意外と盲点だったんですかね・・・

プラットフォームでの販売の場合

「いかに自分のアカウントを守るか」

というのは常に考えておかねばならないことなので
ここは多少神経質なレベルで気にしてください。

先日、ツールのモニターさん(無在庫販売)から

「発送遅延( shipment is late)になったんですけど
どう処理すればいいですか!?」

と連絡を頂きました。

すでに発送遅延になってしまった場合
何をやってもアカウントヘルスは悪化します。
ほんの少しですけどね。

そのため
発送遅延になる前に対処するのが大事
になります。

じゃあ放置しておけばいいのかという
そういうことではなく
お客様に対して
「発送遅延の謝罪、いつ頃発送予定か、キャンセル希望かどうか」
などを連絡しておくのが良いです。

こうしておくことで、ゆくゆく来るかもしれない
ネガティブフィードバックを避けることができます。
発送遅延したにもかかわらず
「細かく連絡してくれたから安心できた 星5」
のように、ポジティブフィードバックを頂けることもあります。

つまり、傷口が広がらないように対応をしておく。
ということです。

そして、もっとも大事な
「そもそも発送遅延状態にしない」
という部分ですが、これには
・自分のリードタイムの見直し
・FBAセラーのみ仕入れ対象とする
・自社発送セラーも対象とする場合、1〜2日以内の発送セラーから購入する

などが王道として挙げられます。

ただ、稀にツールによっては
・予約商品設定
・入荷予定日設定
の商品、つまり未来に販売される商品を
仕入れ対象として拾ってくるものもあります。

そういうツールを使っていて
その商品(主にフィギュアが多い)に当たった場合は
キャンセルリクエストを出してもらうように促したり
先に発送通知を押して、実際の発売日まで待ってもらうよう交渉する
などをする必要があります。

無在庫販売でアカウントヘルスを健全保つ秘訣は
特に裏技的なものがあるわけではなく
真面目に接客する。
これに限ります。

無在庫販売をしていると忘れがちになりますが
お客様を相手にした商売なので
ある意味、交渉が大事になってきますね。

それでは!

最後までお読み頂き
ありがとうございます。

メルマガ登録はこちら

物販関係の最新の記事
Amazonの検証結果などを中心とした
メルマガです。興味のある方は是非登録してみてください。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ