中国向け輸出をやるとしたら何をするか

 

最近

「中国輸出に取り組みます」
みたいな話をよく耳にします。

そして、どこで売るのか聞いてみると
「タオバオ」
という答えが返ってきます。

 

私の知り合いでも
タオバオで米国商品を販売して
儲けている人を知っています。

大きい規模で言えば
アリババでサプリを製造販売している人
もいます。

 

アカウントや口座の開設は
現地のコーディネーターを通せば
そこまで難しくなく作れますが
じゃあ普通にやって売れるのか
と考えると、そう簡単なものでもないよなと。

 

正直、結構リサーチして商品狙わないと
厳しいです。

 

向こうのセラーさんは
大量に買ってコンテナで輸入して販売している人や
偽物を販売している人もいるので
単純に日用品や化粧品を販売しようとしても
価格勝負で負けます。

やるとしたら
「日本から送っていること」
「本物であること」
「物がいま手元にあること」
を画像や商品タイトルに記入したほうが良いです。

 

 

 

ただ、個人的には
タオバオで販売するよりは
ジンドン、VIP、Tモール、イーファンなどの
越境ECサイトで販売するほうが
まだやりやすいと考えています。

「日本人が」
「本物を」
「日本から送っている」
ということが分かっているサイトに集まる人向けに
商売をしたほうが簡単だからです。

 

 

で、私がそれをするかというと
やりません(笑)
自社商品を越境ECに載せていいかという
引き合いはあったので
それくらいはやりますけどね。

 

 

私がやるとしたらやっぱり
WeChat
使いますね。

WeChatでフォロワー増やしつつ
コンテンツでバズらせて
モーメント機能を使って
ECサイトに送客

ですね。

 

WeChatって結構便利で
LINE+Twitter
+メルカリ(半分楽天)+オウンドメディア
って感じなんですよね。

 

公式アカウント作ったり
ちょっとめんどくさいことが多いので
やるかどうかと言われると

「微妙」

ですが、中国向けのBtoC、CtoCでは
これが1番てっとり早いですね。
そこからのBtoBにも持っていけると思います。

 

 

先日のメルマガで
「そこまで難しくなく、ある程度稼げる方法」
もやらないとな、とか言いつつ
まったくその方向性を無視したメルマガですが
そういう簡単そうなのもやりつつ
やりたいことやりますので(笑)

 

いま、ちょうどテレビかけたら
「未来世紀ジパング」
で中国特集をしていたので
「私が中国攻めるならこうするな」
を20分で考えましたwww

でも、意外といい線いってると思います。
真面目にやろうかな・・・

 

それでは!

メルマガ登録はこちら

物販関係の最新の記事
Amazonの検証結果などを中心とした
メルマガです。興味のある方は是非登録してみてください。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ