私とAmazonUKの28日間戦争 レビュー解除!

Amazon販売をしていると
1.サスペンド(アカウントが消える)
2.レビュー(アカウントはあるけど販売・売上受取ができない)
3.レビュー(レビュー中だけど販売も売上受取もできる)

という状況に陥ります。
それも予期せぬタイミングで・・・

 

今回、私は上記2の状態に
ホリデーシーズンの12月頭に突入しました。

 

しかも、私FBA販売なので
在庫をイギリスの倉庫に送っているわけです。
inventory reportで在庫数確認したら
2500個超えていました・・・
倉庫保管料が・・・

仕入れの平均単価2000円としたら
500万円の在庫が眠っていたということで
もったいないことしたなぁ~
と今でも思っています。

 

 

ちなみに、レビューの解除に要した時間は
私の場合、28日間かかりましたが
メルマガ読者さんからの返信で
1番長い人だと半年という人もいました。
ボリュームゾーン的には2か月で解除
という人が多かったですね。

 

 

私、今なら1週間でレビューを終わらせる自信がある!

 

 

ということで
レビューを早期に終わらせるコツを
私が悩んだ点を中心に載せておきます。

 

 

基本的には
Amazonからの指示に従って
書類をボンボン出していって
チェックマークにチェックをつけて
submitを押していればいいんですが

「個人の確認にIDかパスポートを出せ」

という項目があり
ここでパスポートを提出すると
「出生地が書いてないからダメ」
と言われます。

 

また、同時に
現在住所が英語で確かめられる書類
を提出する必要がありますが
これがなかなか見当たらない。

ダイナースカードをお持ちの方は
英語で明細が発行されますが
私持ってないし・・・
こりゃ困りました(笑)

 

 

 

つまりポイントとして
a.出生地が書いてある英語の書類
b.現住所が書いてある英語の書類
を用意すれば良いだけです。

 

 

そこで私が用意したものを発表します。
a.出生地が書いてあるものとして
戸籍全部事項証明書(戸籍謄本)を英訳したもの

b.現住所が書いてある英語の書類として
地元の信金に発行してもらった英語の残高証明

をそれぞれ提出しました。
ちなみに、b.に関しては
公共料金の明細を英語に訳したものを
送っても問題ありません。

 

なお、法人の確認が必要な場合は
上記に加えて
履歴事項全部証明と
法人口座のBank Statementを提出します。

 

 

たったこれだけのことに
約1か月も振り回されていたなんて・・・
悲しい限り!!

 

 

新横浜から名古屋に行く新幹線の中で
必死に戸籍謄本を翻訳していた甲斐もあり
その3時間後にはレビューが解除されました!

ということで、皆さんも私の経験を糧に
サクッとレビューを脱却してくださいね。

それでは!

 

メルマガ登録はこちら

物販関係の最新の記事
Amazonの検証結果などを中心とした
メルマガです。興味のある方は是非登録してみてください。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ