Amazonで納品受領ミスが発生した場合の対応


通常時もそうですが、特にホリデーシーズンは
どうしても、Amazonも納品数が増えてしまい
受領ミスが多くなります。

 

日本のAmazonであれば
比較的不備の数も少ないですが
海外Amazon(特に感覚的には米国Amazon)では
その発生頻度が高いように感じます。

 

 

もし、納品不備が起きた際の対応は
あまり難しいことはなく
「納品数間違えてますよー」
とお伝えすれば良いだけです。
やり方を簡単に書いておくと
在庫(inventory)
⇒FBA納品手続(Manage FBA Shipments)
⇒名前(Name)
⇒受領差異の照会(Reconcile)
より
ステータス/アクション(Status / Action Required)タブから
「調査を依頼(Please Research)」
を選択することで、紛失された商品の調査が開始され
補填または紛失商品が発見されます。
これだけです。

 
特に海外から直送している場合
例えば中国から日本のAmazonだったり
日本から海外Amazonに直送している場合には
その際に添付しているインボイスを
「ファイルをアップロード(Upload documents)」
よりアップすることで
ほぼ間違いなく補填などが実行されます。

 

 

 

 

まぁ、こんな普通の話はいいとして
私、自社発送で送った商品を
「やっぱりいらない(返品要求)」
とお客様に言われた場合
日本に返送してもらうことにするとAmazonポリシーより
送料をこちらで負担することになるので
お客様に交渉して、
基本的にFBA倉庫に納品してもらってます。
※ ある程度早めに売れるような商品に限ります。

パッケージラベルを送って
パートナードキャリアで送れば
費用も安いし、返品送料もかからないしで
結構多用しているんですが
当然、この場合、1発送に1商品を送ることになります。

つまり、受領したAmazonとしては
ピッキングなどもないので
簡単に受領することができます。

 

 

 

のはずなんですが・・・
つい先日、UKで同じことをした際に
まさかの紛失が発生しました。。。

しかも、販売価格よりも安い価格が
当然のものとして返金されるわけです。

 

 
恐るべしホリデーシーズン!!
と思うことにしています(笑)

 

メルマガ登録はこちら

物販関係の最新の記事
Amazonの検証結果などを中心とした
メルマガです。興味のある方は是非登録してみてください。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ