誰でもできる複数モール展開と個人情報の取り扱い

最近
私がAmazonで取り扱っている自社発送の商品を
購入したお客様から
「友人へのプレゼントなので
納品書や値段の分かる物は入れないでください」

というような内容のメッセージを頂くことが増えました。

 

同じ人が同じ商品を
何度も何度もプレゼントプレゼントと買うわけですが
誰だって分かります、おかしいでしょうと(笑)

 

 

何が起きているかというと、非常に単純で
Amazon仕入れ→別の国内ECサイトでの転売
をしているわけです。

転売先の筆頭はYahooショッピングでしょうね。
手間がかからないし、無料だし
そこそこの集客力があるし
ということで、Yahooショッピングでしょう。

 

 

国内Amazon仕入れの国内転売なんて成り立つの?
と思うかもしれませんが、成り立ちます。

楽天でしか買わない人
Yahooショッピングでしか買わない人
Amazonでしか買わない人
というのはある程度のボリュームで存在します。

 

 

私がこれをやるとしたら
一旦購入した商品を自分の倉庫に置いて
そこから発送するかな~。
なぜなら
「この転売ヤーが!!ふざけんな」
というAmazonセラーさんから買ったら、いじわるされそうですしね(笑)

というのは半分冗談ですが
個人情報を第三者(今回のケースだと私)
に勝手に開示されたお客様は普通怒りますからね。
これ、本当はやったらダメですからね。

やるとしたら
ECサイトの特商法やプライバシーポリシー欄に

「○条 個人情報の提供
当社は、お預かりした個人情報は以下の場合を除き、第三者に開示、提供することは一切致しません
a.ご利用者の同意がある場合
b.法令等により提供を求められた場合
c.無在庫商品が売れた場合他のECサイトから直接発送する場合」

とか書くのかな・・・
こんなショップから買うのイヤだな。
私なら絶対そのショップからは買わない(笑)
そして、おそらく今回の国内転売ヤーさん達は
そんな記載してないでしょうしね。

 

 

でも、それを踏まえた上で
私がやるとしたら、どうするかを考えましたが
このモデルは仕組化が非常にやりやすいから
マジメにやっても面白いですね!

実際、弊社でも以前ちょこちょこっと同じことやりましたが
凄い簡単に売上がたちましたからね(笑)

 

メルマガ登録はこちら

物販関係の最新の記事
Amazonの検証結果などを中心とした
メルマガです。興味のある方は是非登録してみてください。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ