海外Amazonに新たに搭載されたPRICING機能の使い勝手

イマイチでした(笑)

最近、米国、カナダ、欧州Amazonのセラーセントラルに
PRICING
という項目が増えましたよね。

皆さん、使われましたか?
私は説明を見ることなく
とりあえず使ってみました。

機能は大きく分けて2つ
「任意の価格に改定」 UPDATE
「最低価格に合わせる」 MATCH
という機能です。

商品をcsvで一括登録されている方は
ご存知かもしれませんが
商品登録時に販売価格とは別に
MIN値という項目があります。

MIN値に価格を入力しておくと
商品価格を誤って著しく安い価格に改定した場合
エラーが出るというセーフティネット的な役割があります。

今回のPRICING機能で
仮にMATCHを押した際に
「MIN」値以下になりそうな場合には
そのMIN値に商品価格が修正されるようであれば
無料で一括価格改定する機能としては
なかなかいいな。
と思い、ちょっと実験してみました。

MIN値 $30
現在の出品価格 $40
最安価格 $25
の時にMATCHを押すとどうなるか!
個人的には、MIN値である$30に
販売価格が修正されるといいな
と考えていたわけですが。

結果

出品停止(笑)
Amazonからメール
「MIN値以下になりそうだったから、止めといたよー」

ありがたい、、、けど面倒です。
1件だから良いものの、全商品を一括でやった場合は
悲惨な目にあいそうです。

ということで
「いまのところ」
イマイチです!

もしかしたら
使い方が違うのかもしれませんが
そこはご愛嬌ということで。
今後、改善されたらまた使ってみます。

それでは!

PS.
こちらのゴールデンルールセミナーに
まだ登録していない方がいらっしゃいましたら
登録してくださいね。
http://orange-ex.jp/Lb14/1561

メルマガ登録はこちら

物販関係の最新の記事
Amazonの検証結果などを中心とした
メルマガです。興味のある方は是非登録してみてください。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ