国内Amazonの納品先がバラバラになるけど、どうする?

お久しぶりでございます。

最近は
ビューティーワールドへの参加
打ち合わせ
動画撮影
コミュニティ内向けのセミナー

等々で、珍しく忙しくしておりました。
と、ブログ・メルマガを更新しなかった言い訳をしておきます(笑)

 

6月から国内AmazonのFBA納品が
納品都度バラバラになります。

その旨のメールが来ていたそうですが
完全に見落としていた私・・・
私のように見落としていた人はこちらを参照してください。
FBA納品箇所変更

◆ ポイントはこちら ◆
・納品手続きの都度、商材、サイズごとにFBA倉庫1か所が納品先として指定される
・6月1日から順次適用される
・納品先を固定することができる
・納品先の固定は9月いっぱいまでは無料
・10月以降は有料。費用は未定

 

◆ 経緯 ◆
説明では
「購入者の需要分布と各フルフィルメントセンターの在庫のバランスなどにより
最適な納品先フルフィルメントセンターが指定されるようになります。」
となっています。

想像するに

・在庫が一部の倉庫に集中したから
・全国の当日配送に間に合わせるために在庫を全国にチラしたい
・台風等で、一部の倉庫の発送作業が止まった場合等に備え冗長性を持たせる

などが理由でしょうか。

 

輸出をやっている方はご存知だと思いますが
米国Amazonに納品する場合
何も設定しないと小型商品でも
SKUごとに納品先が変わります。

これらを回避するために
おまとめ設定をし、1商品あたり$0.3だかの手数料を払っていました。

 

「日本Amazonも似たようなことを始めたか!」
というところです。
手数料も同じくらいになるのかもしれませんね。

 

ちなみに
小型サイズの商品も
大型サイズの商品も取り扱うFBA倉庫が2か所あります。
多治見FC(岐阜)
鳥栖FC(佐賀)
の2か所です。

すなわち、こちらの倉庫に納品するよう固定してしまえば
ファッションを除く全ての商品が1か所の倉庫に
FBA納品処理されることになります。

 

岐阜なら日本のど真ん中だし
多治見FCに固定しようかな、と考えましたが
私の場合、海外からFBA倉庫に直送することも多く
日本のどの空港に落とされるかによって
スポット割引が効くかどうかが変わってきます。

ざっくり言うと
関東だと航空送料が安く
関西だと高いです。

多治見(岐阜)に納品する場合は
セントレアにでも落とされるんでしょうか。
関東でも、関西でもない・・・
スポット割引、き、効くのかな。。。

 

おまとめ設定せずに
1度、日本の物流拠点に落として
そこから各倉庫に陸送で送ってもいいんですが
陸送コスト+キャシュフローが低下するので
それもそれでバカらしいです。

 

◆ 結論 ◆
「おまとめ設定せずに
各倉庫にバラバラに送られることになっても
1倉庫あたりへの納品重量が100kg以上になるように送る」

これで
kgあたり送料も下がるし
納品速度も保てるし
おまとめ手数料もかからないし
Amazonが自称「購入者の需要と各FBA倉庫の在庫を考慮し倉庫を指定する」
ことからも、カートが有利に回りキャッシュフローも改善するでしょう。

 

6月以前と以降のビジネスレポートを見比べて
カート取得率がどれくらい変わるかチェックしてみます。

 

皆さん、どこの倉庫に固定するか
良かったら教えてくださいね。

それでは!

メルマガ登録はこちら

物販関係の最新の記事
Amazonの検証結果などを中心とした
メルマガです。興味のある方は是非登録してみてください。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ