続・商品を卸す際の契約書の重要性

最近、ブログやメルマガのネタになりそうなことが
たくさん起こっています。

が、書けていません(笑)
とりあえず箇条書きで載せ
順次、書いていこうと思います。

・輸出コミュニディをやっている話
⇒まったく告知することなくヒッソリやってました。

・そのコミュニティに参加した人で初月粗利で50万の人が出た話
⇒物販系でも輸出入は初月売上立ちにくいんですが、ビックリしました。
有在庫ですから、即買って即送ってます。

・イギリス法人がそろそろできそうな話
⇒Amazon輸出をされている方は何のためかピンとくるでしょう

・南米に会社を作るかもしれない話
⇒卸のために必要になるかも

・無在庫用送付状作成ツールの反響が意外とあった話
このリンクのツールです。

・自社商品の国内への卸をガツガツ増やしている話
⇒今日のテーマにも関係ありますが、概ね良好。

・自社商品の自社ネットショップからの販売が2月に入り、1日平均20件になった話
⇒「自社の商品」を「自社のショップ」で販売する。ステキです。

・FBAの方用の在庫変動取得ツールを作っている話
⇒プログラマーのTさんが頑張ってくれています。

・ASINを好きなだけ引っ張ってこれるツールをリリースしたい話
⇒無在庫輸出、飽和しないかなって・・・

 

などなど、たくさん書きたいなってテーマがあるので
順次アップしていきます。

が、今回のテーマは
「続・商品を卸す際の契約書の重要性」
です。

あいかわらず
「え??なんて??」
というやりとりが続きました。

 

以前
「商品を卸す際の契約書の重要性」
というテーマでほぼほぼ愚痴を書きました。

凄く完結に書くと
「御社の商品(自社商品)を卸させてください。
実店舗で販売します」

と言われ、卸したら
まさかのAmazonであいのり出品されて
そして最悪なことに、その卸契約だけ販路を縛っていなかった。

というお話です。

 

 

で、今日はその続きです。

卸をして1週間くらいですかね
卸先のうちの商品が完売しそうなんです。

そろそろくるかなーって思ってたら
電話がきました。

 

ちょっとワクワクしながら出てみると
「卸商品の件で、追加購入をしたいんですが~」

 

 

 

きたーーーー!!

言ってきおった~~~~!!
再購入希望じゃ~~~!

 

 


「追加での発注ということですね。
ちなみに、販路はどこになりますか?」

先方
「えーっと実店舗です」


「Amazonさんなどのネット媒体での販売はされないし
前回卸した商品も実店舗でしか販売していない
ということでよろしいでしょうか?」

先方
「あ、はい、そうです。」


「弊社ではネット媒体での販売は禁止しておりまして
もし販売する際は1度ご連絡頂くことになっておりますが
よろしいですか?」

先方
「はい、大丈夫です」


「御社が2次卸をした販売先が
ネット媒体で販売することも禁止しておりますが
よろしいですか?」

先方
「え?あ、はい。大丈夫です。」


「承知致しました。
それでは、契約書を再度確認し改めてご連絡させて頂きます。
再度、新しい契約書を結んで頂くことになると思いますので
よろしくお願い致します。」

 

 

 

凄い。
認めない。
ネット媒体では売ってないって言い張ってくる。

「すいません、2次卸先の店舗がネットで売っちゃたみたいで・・・」
という逃げ道を与えても認めない!

 

そもそも卸契約は何社かやっていますが
既に商品を卸したのって1社だけだから
あいのりした犯人は1社しかありえないのに
認めない!

バレないと思っているのかな。
ここまで来ると清々しくて、クスっときます。

 

ちなみに、再契約書には
・販路をガチガチに縛ること
・それに違反した際の違約金
を明示し、公正役場にもっていき公正証書による契約書とします。

 

今回の件の先方さんですが
Amazonに2店舗目をオープンしたんですよ。
※ 色々調べる私

Amazon内に2店舗目をオープンするのって
基本的にNGで、特別な許可と縛りが必要なんですが
明らかにそんなもん気にせずやってるんですよね。

というわけで、華麗に通報しておきました。
もし再卸しをしたら
2店舗に分散して売ることは間違いないですね。

分かると思いますが
再卸はしません。
向こうから変に反感を買うのも嫌なので
「やっぱいいです」
と言わせる方向に持っていってます。

 

あ~、やだやだ

 

と、ただただ愚痴を言うだけの記事でした(笑)

メルマガ登録はこちら

物販関係の最新の記事
Amazonの検証結果などを中心とした
メルマガです。興味のある方は是非登録してみてください。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ