(主に)無在庫輸出用の送付状自動作成ツール作成

今日、「流星ワゴン」というドラマ(元は小説)を見ました。
どういうドラマかざっくり話すと
「1か月前にリストラされ、家庭では息子が不登校、妻が家を出てしまった主人公。
その主人公が疲れ果て、死にたいと思ったときに、ワゴン車が目の前に現れます。
それに乗ると、過去のターニングポイントに戻り、その過去をやり直す。
そのやり直す過去の中で、見えていなかった息子や妻の言動や思いが分かる」

という内容のドラマです。

 

これ、面白いことに
過去の出来事を変えても、その変わった出来事は主人公以外は覚えておらず
結局過去を変えても、現在の状況は変わりません(変更した過去が反映されない)。

普通はバタフライエフェクトといって
小さな変化が起こると、どこかで大きな変化が起こるはずですが
このドラマの中では、何をしようが不幸な未来に戻ります。
※ バタフライエフェクト=どこかで蝶が羽ばたくと、それが原因でどこかで竜巻が起こる。
風が吹けばおけ屋が儲かる、というような現象です。

 

これを見ていて、アドラー心理学の目的論を思い出していました。
凄くざっくり言うと
「過去と、他人は変えられないけど、未来と自分は変えられるよね」
という感じです。

 

起こった出来事(原因)は変えられないけど
自分がどういう目的を持つかでこれから起こることは変えられます。
そりゃそうだろって話なんですが
大体の人はこの目的をなんとなく決めていたり
口だけで「こうしたい」と言っているけど、それを強く思えていません。

要は本気じゃないってことです。
色々要因はあるのでしょうが
・なんとなくこのままでもいいと思っている
・できたらいいな~程度しか思っていない
・その目的を達成するための動機づけが不十分

今まで何人も見てきましたが、こういう人が多いですね。

 

あの時ああしてればなぁ~って思う人は大体10年後も
「10年前にああしてればなぁ~」
と思うことになるので、意識的に目的の設定と動機づけをしてください。
「今のままで問題ない」
という人は今のままの生活をしていてまったく問題ないですよ。

 

参考までにバタフライエフェクトがよく分かる映画がこちら
バタフライ・エフェクト
http://www.amazon.co.jp/dp/B000AM6R00/
※ 凄く面白いです。超映画批評でも99点を獲得しています。

アドラー心理学をマンガで簡単に勉強できるサイト(無料)
http://yuk2.net/man/110.html

 

マインド講座や、表層的な自己啓発本を買うくらいなら
アドラー心理学を勉強したほうが、よっぽど啓蒙されます。
多くのマインド講座や自己啓発的なお話の源流はアドラー心理学です。

基礎がないのに、表面のテクニックだけ学んでも意味ないと皆さん分かられていますが
マインド講座を受けたり自己啓発本を読んでいる方は
マインド面において表面的なテクニックを学んでいるだけということに気付かれていません。
根本的な心理学・哲学の知識も入れるといいかもしれません。

 

あぁ、しまった。
今日の本題はこんなマインド的な話をしたかったんじゃなかった。

今、自社発送の輸出(世間では無在庫輸出と呼ばれています)のために
システムを作っています。
届いた商品のバーコードをスキャンすると
その商品に対応したオーダーリポートが抽出され
送付状の作成、CN22(CN23)の印刷、納品書の印刷が行われる
というシステムです。

これ、バーコードリーダーでの読み取りは別ですが
みなさん、オーダーリポートからいちいちSAL便の伝票を作って、CN22(CN23)を書いてとか
手書きでやっているとめんどくさいですよね?

というわけで、オーダーリポートから出荷伝票を自動で印刷する機能だけ抽出し
そちらを使いたい方に使って頂こうかと思ってるんですが
どれくらい使いたい方いるか教えてください。

現在はAmazonにのみ対応させているんですが
eBay版もほしいかなー。。。
というわけでアンケートです。

Amazonに対応した出荷伝票自動作成ツールがほしい方はこちらをクリック
goo.gl/W3KRXT
※ 私のブログに飛ぶだけです。

eBay版の出荷伝票作成ツールがほしい方はこちらをクリック
goo.gl/3Eil94
※ 私のブログに飛ぶだけです。

 

それでは、よろしくお願いします。

メルマガ登録はこちら

物販関係の最新の記事
Amazonの検証結果などを中心とした
メルマガです。興味のある方は是非登録してみてください。

One Response to “(主に)無在庫輸出用の送付状自動作成ツール作成”

  1. […] ・無在庫用送付状作成ツールの反響が意外とあった話 ⇒このリンクのツールです。 […]

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ