広い世界で狭い戦いをしても意味がない

アゼルバイジャン

AmazonやeBayで販売していると
世界中の人たちに商品を販売することができます。

 

だから
「広い世界を相手に商売しているんだ!」
という錯覚に陥りますが
結局戦っている相手が日本人セラーという
謎の狭い戦いを繰り広げていらっしゃる方が多いです。

 

Amazonのセラーの中で
熾烈な値下げ競争を繰り広げているのは
日本人セラーだけというのは有名なお話ですね。

 

価格競争が始まると
如何に安く仕入れ
如何に安く送ることができるか
これで全てが決まってしまうので
個人セラー規模であれば、うちには勝てないような・・・

 

という暗い話はここまでにして
昨日、面白いことがありました(笑)

私が化粧品関係の製造や輸出でお世話になっている方に
「アゼルバイジャンで販売する商品を卸してください」
と言われていたので
卸リストを作成してメールにてお渡ししたところ
その返信メールに

 

「立石さん、今日○○さんと初めて打ち合わせしたんですけど
立石さんもお知り合いとのことで
この偶然にビックリしました」

 

と言われました。

 

 

 

私もビックリしました(笑)

いやーー、色々と繋がっていくものですね。

 

ところで、アゼルバイジャンってどこですか?笑
トップの地図の場所のようです。

今日は以上です!

 

 

相談や質問があればこちらからどうぞ!
1つ1つお答えさせて頂きます。
http://tateishi-buppan.com/qs

使ってみたい物流や、FBA直送のご相談はこちらからどうぞ
http://tateishi-buppan.com/Questionnaire

メルマガ登録はこちら

物販関係の最新の記事
Amazonの検証結果などを中心とした
メルマガです。興味のある方は是非登録してみてください。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ