国内発送 沖縄・離島へ安く送る方法

最近、大手配送会社(ヤマト・佐川など)が値下げ競争を止め
価格を上げる代わりにサービスの質を高める
という方針に変わりつつあります。

そのため、現在既に後納契約などを結んでいる方が
発送量が増えたからと言って契約更新をしようとすると
逆に料金が上がる
ということも起こっています。

 

特に、沖縄・離島への配送料金の上昇が顕著です。
先日、大手の物流会社の方に
「沖縄への配送料金、いくらで出してもらってますか?」
と聞いたところ
「160サイズまで980円」
というお返事でした。

十分安いんですが
今までは400円程度の価格だったのが
急に倍以上になったとのことです。

 

では、沖縄や離島へ安く送る方法はというと
厚みが3cm以内なら
・クリックポスト(A4サイズまで) 164円
・レターパックライト 360円(資材費込)

厚みが3.5cm以内なら
・ポスパケット(A4サイズまで) 360円

それ以上
・レターパック(A4サイズまで) 540円

と、上記の郵便局のサービスを使えば
厚みがそこまで大きくないものに関しては比較的安く配送することができます。

法人の方であれば、ゆうパケットを使うのも良いと思います。

 

それでは60サイズよりも大きい
いわゆる普通の宅配便はどうやって送るのが安いか
特約価格を結んでいる物流倉庫を探すのも良いのですが
量が多くないと安くはなりません。

個人でも使えて、なおかつ安く送る方法。
それは、Amazonのマルチチャネルサービスを使うことです。

45cm×30cm×20cm以下の荷物であれば
出荷作業手数料 134円
発送手数料 391円
合計 525円

それ以上の大きさの荷物であれば
出荷作業手数料 257円
発送手数料 453円
合計 710円
で配送することが可能です。

 

もちろん、Amazonの倉庫に発送するための費用がかかりますので
ご自分がFBA納品する際などに
ついでに、沖縄・離島へ発送するための荷物も納品し
マルチチャネル発送する、というのが効率的です。

 
相談や質問があればこちらからどうぞ!
1つ1つお答えさせて頂きます。
http://tateishi-buppan.com/qs

使ってみたい物流や、FBA直送のご相談はこちらからどうぞ
http://tateishi-buppan.com/Questionnaire

メルマガ登録はこちら

物販関係の最新の記事
Amazonの検証結果などを中心とした
メルマガです。興味のある方は是非登録してみてください。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ