化粧品輸出に伴う問題点~通関時と販売時のFDA準拠~

最近、米国Amazonで日本のシャンプーや化粧品を売っている
日本人セラーが増えています。

日本の化粧品は人気ですし
海外のお客様もほしがっている方が多いので
お客様に良い買い物がして頂けるようにどんどん輸出しましょう!

 

と思っているのですが、試しに日本人セラーから数点買って確認したところ
FDAの表示規格に準拠してない商品ばかりでした。

あれ?
もしかして
「とりあえずよく分からないけど送っちゃえ~
わー通関通った~~
お、Amazon荷受した~~
はい、売れた~~、ラッキー!」

っという感覚の人が多いのでしょうか。

 

みなさん、、、

 

 

正気ですか?

 

 

訴訟大国アメリカ様ですよ?

 

 

一応言っておきますと
私は現地のFDAコンサルと現地の化粧品会社で働いていた方をアドバイザリーに迎え
そのあたりはちゃんと抑えて販売しています。

法律は
「知りませんでした」
では済まされません。
何かあったあとでは遅いです。

 

どれくらい危険か分かっていない方がいらっしゃるようなので
(「化粧品を以前何も考えずに売ってました~」と何人かに言われたことがあります)
私とアドバイザリーの方とのやりとりを一部お見せします。

 


「サンプルで他のセラーさんが販売している商品を買ったのですが
FDAに準拠していない形態で販売している日本人セラーが多々おりました。
彼らは大丈夫なんでしょうか?」

 

アドバイザリー
「FDAに準拠した形態をとらずにアメリカ国内で販売することは”立派な”法律違反です。
もしFDAの局員(定期的に市場の見回りをしています)に見つかった場合や
消費者、同業他社からの”告発”があった場合、全品回収は必須。
時 と場合によっては罰金や営業停止にもなります。
もちろん、輸入業者のみならず、小売店にも罰則がおよぶ場合があります。

ましてやアマゾンなど”しっかりした大手”で販売する場合
アマゾンで購入したユーザーからアマゾンにクレームが入り
その商品がFDAに準拠した形態を取らずに販売されていた場合は
FDAから罰則を受けるばかりか、ユーザーとアマゾンから訴えられるリスクがあります。
(FDAに準拠した形態で売られていなかったので使い方を間違えたため肌にトラブルが起きた、など。
楽勝で億単位の損害賠償になります。」

 


「化粧品の取り扱い点数を増やし、ある程度販売実績を積んだ後
Amazon側にリークしてみます(笑)
その後、Amazonがどのような対応をするか少し楽しみです。」

 

アドバイザリー
「はい、多少費用がかかったとしてもぜひきちんとしたプロセスを経て輸出なさっていただくのがよろしいと思います。
 見つからないうちはいいかも しれませんが、みつかった場合はほんとうに大変なことになってしまいます。
 御存知の通りアメリカは日本のようなご慈悲もほとんどないお国柄ですし。。。」

 

ちなみに、化粧品の輸出で問題になるのは大体3か所です。

①エアー便に乗らない(揮発性、液体の場合)
②米国側での通関時に成分がFDAに認可されている物に該当しない
③米国内で販売する際に、FDAに準拠した形式で販売していない

 

このうち、①と②はDHLやFedEXなどのクーリエが勝手に調べたり
必要書類をFDAに提出し、やりとりをしてくれます。
そのため、成分がFDAに認可された物であれば通関まではクリアします。
そして、Amazonに荷受され、販売が開始されるわけです。

しかし、③に関しては自分たちでやるしかありません。
ただ、みなさんここで必要な作業を「知らない」人が多いです。

日本から米国Amazonに直送する場合は、化粧品を米国に発送する前に
日本国内でその商品がFDAの基準を満たすように、商品を加工しておく必要があります。

 

というわけで、何も考えずに化粧品を輸出されていた方は
まずは化粧品の販売に必要な作業を調べてから
化粧品の輸出に挑戦してくださいね。

 

相談や質問があればこちらからどうぞ!
1つ1つお答えさせて頂きます。
http://tateishi-buppan.com/qs

使ってみたい物流や、FBA直送のご相談はこちらからどうぞ
http://tateishi-buppan.com/Questionnaire

メルマガ登録はこちら

物販関係の最新の記事
Amazonの検証結果などを中心とした
メルマガです。興味のある方は是非登録してみてください。

One Response to “化粧品輸出に伴う問題点~通関時と販売時のFDA準拠~”

  1. […] 皆さん、勇気ありますね・・・ 正式な方法で送らないとどうなるかは こちらを参照してください。 「化粧品輸出に伴う問題点 通関時と販売時のFDA準拠」 […]

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ