通関トラブルで出頭した話

 

 

本日、化粧品販売に関する打ち合わせをしてきました。
LPも大体形になったので
化粧品を作って頂いた会社の方にも見て頂き、ありがたい意見を頂戴しました。

「ぼくデザインのセンスないんですよ」
と言われ
「私もないんです」
と元も子もない返事をしました。

全体的なデザインの話をすればいいのに
「『初回限定』じゃなくて『初回生産限定』がいいんじゃないですか?」
と重箱の隅をつつく細かい修正の指摘をしあったりもしました(笑)

そして先方からは、あがってきたばかりの印刷された化粧箱を提出して頂き
パール加工されたその化粧箱を見て

「おぉ~、それっぽい」

と、なかなかアホなコメントをしてしまいました。

 

 

ここまでが余談です。

本日は出頭した話をしたいと思います。
出頭先は経済産業省です。
ちなみに、出頭したのは私ではなく、先ほどから話に出てきている化粧品会社の方です。

 

話の流れをザッと書くと
海外から製造輸入した化粧品の一部に
ワシントン条約に引っかかる植物が混ざっていると報告を受け
そのために、輸入通関が通らず税関で止まってしまったそうです。

ただし、こちらの植物、たしかにそのままではワシントン条約に引っかかるのですが
「エキス」であれば問題なく輸入できます。
「裏技」的な話ではなく、ワシントン条約にまったく引っかからない
ということです。
ちなみに、今回の化粧品に入っていたのは、エキスのほうです。

 

輸入に際して、その化粧品会社の方はいわゆるDHL等のクーリエではなく
乙仲(船会社)を使って輸入しており、その乙仲が発行するB/Lには
化粧品の成分一覧や、必要書類全てをまとめられて提出していたそうです。

通関の許可を実際に出すのは税関の担当者なんですが
担当者も人なので、間違いはあったりするわけです。
今回も、そんな些細な間違いだったはずですが・・・

 

税関の担当者から
「これワシントン条約に引っかかってるよ!」
と連絡を受けた化粧品会社の方は、厚生労働省の検疫部に確認し
「これは問題ないですよ」
との連絡を頂き(元々知ってたけど)、その旨を税関の担当者にお伝えしました。

普通ならここでお終いですが、引っ込みがつかなくなったのか
「そんなことはないです、これはワシントン条約に違反してます!」
と再度突っかかってきたそうです。
しまいには
「これ、そんなこと言って中に麻薬が入ってるんじゃないですか?」
と言われたそうです。

そんなことを言われた化粧品会社の方は
「名誉棄損で訴えますよ」
と返したそうです。
それに対する返事が

「出頭してください」

です。

 

ちなみに、税関は経済産業省の管轄です。
そのため、出頭先は経産省です。
本来であれば、出頭という言葉は正しくないのですが
変なものが輸入されるのを水際で止めるという役割もあるので
警察のような感覚を持ち合わせているようです。

 

経産省には、乙仲(船会社)の担当者も連れて行かれたそうです。
そして、色々と言われるわけです。
船会社は国から免許を貰って仕事をしているので
「はい、はい、すみません」
という返答だったそうですが、化粧品会社の方はまったく関係ないわけで
終始仏頂面だったそうです(笑)

 

化粧品会社の方からすれば
まったく問題ない商品を輸入し
しかも、書類まで完璧に揃え
かつ、言いがかりを言われ、わざわざ厚労省に問題がないことを確認し
挙句の果てに
「麻薬入れてるんだろ」
と言われているわけです。

そりゃ、仏頂面にもなりますね。
そもそも、この化粧品を輸入するのは2回目で、前回の輸入証明も提出していたそうです。

 

最終的には、今回も通関されたんですが
通関に2週間ほど時間がかかったそうです。
私も経験したので分かるのですが、乙仲を使って通関が停滞すると
上屋保管量などがかかります。
2週間ですと、大体2~3万円程度です。

 

化粧品会社の方、乙仲業者に
「その分の請求は経済産業省に請求してね」
と言っているそうです(笑)

 

なかなかお茶目な方ですね。

他にも色々なお話を聞きましたが
ここではちょっと書けないので、このあたりでお終いです。

分かることは、通関ってかなりややこしいということです。
人が判断する部分がかなり多いので、どうしてもヒューマンエラーが発生します。
我々のような月間で数トンレベルのネットビジネス物販プレイヤーは
おとなしくDHLやFedEXさん等のクーリエを使って、そちらに通関をお任せした方が確実に簡単です。

簡易通関さまさまです。

 

相談や質問があればこちらからどうぞ!
1つ1つお答えさせて頂きます。
http://tateishi-buppan.com/qs

使ってみたい物流や、FBA直送のご相談はこちらからどうぞ
http://tateishi-buppan.com/Questionnaire

メルマガ登録はこちら

物販関係の最新の記事
Amazonの検証結果などを中心とした
メルマガです。興味のある方は是非登録してみてください。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ