米国のビールを日本の酒屋に卸せ!そして毛を抜け!

相談や質問があればこちらからどうぞ!
1つ1つお答えさせて頂きます。
http://tateishi-buppan.com/qs

使ってみたい物流や、FBA直送のご相談はこちらからどうぞ
http://tateishi-buppan.com/Questionnaire 

 

 

米国のコンサル会社の方から

「米国で新しく作ったインド向けのビールがあるんだけど
日本でも販売したいから販売してくれませんか?」

という依頼を頂きました。

これを聞いた瞬間に
・輸入時の食品衛生法
・販売時には酒類販売業
などの絡みがあるので、自社で輸入と販売を引き受けるのは事実上かなり難しい。
というか、めんどくさい・・・
ということが判断できました。

 

自分が興味があることだったら
「1つずつできない理由を潰していって、何としても売る!」
という方法を考えるのですが、今回の件は、完全に人に依頼された件なので
誰か他の方に協力をして頂いたほうが手っ取り早い!
という結論に至り、米国のビールを居酒屋、Bar、酒屋、百貨店などに卸すための動きを
少しずつ始めました。

誰か、大量にビールを買ってくれる方がいたら名乗りをあげてください(笑)

 

 

ここからはガラリと話が変わりまして
今製造しているブラジリアンワックスの販売前に最終テストをしております。
勿論、モニターさんにも使って頂くわけですが
自分でも使っています。

ちなみに、テストモニターに名乗りをあげて頂ける方がいらっしゃれば
ご連絡ください。

 

友人に「ブラジリアンワックスってこういう物だよ」
と説明するために、実際に自分の腕の毛を
ワックスで脱毛しているところを自分で撮ってみたんです。

三脚使って撮れば良かったのですが、見当たらなかったので
このサイドテーブルに載せて

 

こんな感じでスマホを上に置いて撮影したわけです。

 

 

 

この状態で撮影するとどうなるか

それが知りたければ、こちらの動画をご覧ください(30秒あたりまではほぼ無音です)。

 

結果、どうなったかって、毛は勿論抜けましたが
腕を強打しましたよ。

青アザになってます。

先日はしゃぎ過ぎて足の小指を折り(ヒビですが)
今日は腕を強打して青アザを作る・・・

自分で言うのもなんですが、おバカですね。

 

 

というどうでもいい反省はおいておいて
この動画では暗くて見にくいですね。
実際に毛が抜けているかも分かりません。

マジメな反省もしております。

一応、抜けた毛がついているストリップス(白いシート)を撮影したので
下のほうにスクロールして頂ければ、見ることができます。
普通に男の腕毛が付いているだけなので
見ても不快に思うだけでしょう。
見たい方だけ見てください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ちゃんと抜けてます!

メルマガ登録はこちら

物販関係の最新の記事
Amazonの検証結果などを中心とした
メルマガです。興味のある方は是非登録してみてください。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ