ネットビジネス≠物販ビジネス≒ビジネスになりがち

Amazon輸出、欧米輸入、及び国内転売など
ネットを介した物販ビジネスを進めていると
ネットビジネスからビジネス色が強くなる傾向があります。

 

単純に海外から買った商品を国内のプラットフォームで販売する
という単純な販売モデルから
商品を作ってみたり、卸業者と交渉し商品を卸す契約を結んだり
ネットショップや実店舗を設け、そこで商品を販売したり
という方向に進むことがよくあります。

この方向に進むと、1番最初に困るのが
「キャッシュ」
です。
特にキャッシュフローが滞り、黒字であっても資金繰りで困ることが多いと思います。

 

最短で実績をあげるには
小玉歩さんなどが提唱している
「ネットビジネスのゴールデンルール」
に従うのが良いと思います。

これは、物販である程度の結果を出した後(30万円~100万円程度)
その実績や経験をもとに情報発信を行い
リストの取得、アフィリエイト、教材の販売、コンサルなどを行う
という方法です。

もちろん、物販を突き詰めていくのも楽しいので
私としてはどちらもやるのが良いと思いますが
時間的に厳しい場合などは
「ネットビジネスのゴールデンルール」
に沿って物販ビジネスを進めたほうが良いです(現時点では最短で大きな収益を見込める)。

 

私は最近、ブログの投稿に始まり
塾の運営などの情報発信もやっておりますが
面白い案件で言うと
「お祭りでジャガバターを売る」
というビジネスにも着手しています。

これは、「ビジネス」というよりも「趣味の世界」です。
楽しそうだからやっている。
ただコレだけです。

せっかく仕事をするのであれば
自分が面白そうだと思えるものをやったほうが良いと思います。
その一環として
バングラデッシュや中国で商品を作ったり
ジャガバターを作ったり
海外に商品を卸したり
をしています。

 

固い収益を得た後は、ある程度遊びのあるビジネスをするのも
仕事を楽しむ1つの手だと思います。

 

 

メルマガ登録はこちら

物販関係の最新の記事
Amazonの検証結果などを中心とした
メルマガです。興味のある方は是非登録してみてください。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ