中国からの無在庫輸入と、中国からの無在庫輸出

今日は、私がいつもOEMの依頼や
中国からの商品輸入のお手伝いをして頂いている
中国輸入代行業者さんの日本人スタッフが日本に帰国しているということで
一緒にごはんを食べつつ、今後の方針を色々とお話してきました。

 

中国輸入で利益をあげる場合
「大事なのは中間経費を省くことにある」
と以前の記事で述べさせて頂きました。
これはつまり、検品などの手数料や
輸入時の送料を如何に削ることができるか
ということを意味しています。

 

そこで、私は中国輸入代行業者さんと連絡を密に取り
短期的な利益よりも、長期的な利益を得るために
日々仲よく色々と情報交換をさせて頂いています。

 

直近では、中国商品の無在庫輸入のために
中国の輸入代行業者さん内に、私の専属のスタッフさんを配置して頂いております。
その方に、値引き交渉等をして頂くのは勿論のこと
最近では、中国からの無在庫輸入や、中国から各国への輸出(いわゆる三国間貿易)のための
商品登録、受注確認、発送までを依頼しております。

中国からの無在庫輸入の場合
単純に送料を一律で1580円などと設定し
1円で販売することで、送料の差額分を利益として得ることができます。
つまり、実際の送料は、国際送料だったとしても400円程度で済むものを
1580円の送料を請求することで、差額分を利益として徴収するシステムになります。
これであれば、無在庫で商品の受注を受けた後に
仕入れから発送までを行うことができるので、リスクはまったくありません。

また、無在庫で大量の商品を出品することで
どのジャンルのどの商品が需要があるのかを確認することができます。
これにより、有在庫で販売する場合もどのような商品をどの程度販売すれば良いかの
検討をつけることができます。

 

また、中国商品は勿論日本だけで売られているわけではありません。
そこで、中国商品をeBay等で販売することで
中国商品を世界中で販売することが可能になります。
その際の発送手続きは、中国の代行業者さん内に配置した
スタッフさんにお任せしています。

これにより、私は何もすることなく
商品登録から受注確認、発送までをして頂けることができます。
そして、商圏もほぼ無限(世界中)となります。

 

また、中国への出品
つまりTaobaoなどへの出品もお願いすることができます。
実際、私も取り組み始めていますが、Taobaoへの輸出は形は見えてきましたが
なかなか結果へ結びつくまでが先が長そうな印象があります。

 

 

以上のように
中国からの販売方法だけに絞っても
現地にパートナーさんを置いて販売する場合
有在庫販売や無在庫輸入、無在庫輸出など
色々な選択肢から最適な販売方法を選ぶことができます。

もし、中国現地で安心して販売のお手伝いをして頂ける
パートナーさんを探している方がいらっしゃれば
私にご連絡頂ければ、いつでも紹介させて頂きます。

メルマガ登録はこちら

物販関係の最新の記事
Amazonの検証結果などを中心とした
メルマガです。興味のある方は是非登録してみてください。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ