個人でDHLアカウントを取得する方法

アクセス解析をしていたところ
「DHL アカウント取得」
で検索されて、こちらのブログにお越しの方が多いようなので
DHLアカウントの取得方法を再度細かく書いておきます。

せっかくですので
個人で取得する方法(絶対ではないです)も合わせて載せておきます。

 

前回記載したアカウント取得方法に関する記事はこちらを参照してください。
DHL、FedEXなどでアカウントを取得する方法

 

まず、月間で送る発送数、発送量をまとめておきます。
どこからどこへ、月に何回、1度の発送量目安
を事前に調べておきましょう。
輸入、輸出共に聞かれますので、どちらもメモをしておいてください。

その後、カスタマーサポートに電話をします。
今回はDHLのアカウント取得方法ですので
DHLのカスタマーサポートに連絡します。

http://www.dhl.co.jp/ja/contact_center/contact_express.html
電話番号はこちらになります。
0120-39-2580
自動音声が流れますので、「4」を押しカスタマーサポート担当者さんと
直接電話にてやりとりをします。

その際
「アカウントを取得したい旨」
をお伝えください。
DHLは輸入と、輸出でアカウント番号が異なるので
どちらのタイプのアカウントが必要かをお伝えください。
輸出用と輸入用のアカウントを同時に取得することも可能です。

 

大体この時に
「営業担当に伝えますので、参考に月間の発送目安を教えてください」
と言われますので、先ほどメモしておいた用紙を見ながら
大体の目安をお伝えください。

その後、営業担当の方から連絡が来ます。
ヒアリングの結果、アカウントの発行とそれに紐づけられた送料が提示され
問題がなければそのまま契約となります。

 

また、もう1つの方法として
以下のURLから必要情報を入力し送信するという方法が挙げられます。
http://www.dhl.co.jp/ja/express/shipping/open_account.html

その後、入力したメールアドレスに
「アカウント申し込み用紙」が送られます。
この際、個人でアカウントを取得したい場合
会社名の欄に屋号を書いておくと
屋号にアカウントが発行されることがあります。
ただし、基本的には法人にしかアカウントは発行されません。

もし個人の段階でDHLのアカウントを取得する場合
個人であっても契約しても良いと思われるような
・発送量
・信用
があることが条件となると思います。

 

個人の段階でアカウントを取得したい場合は
FedEXであればカード番号をお伝えすることで
アカウントを取得できますので、まずはFedEXで取得し
月間の発送量の実績を積みつつ
法人化した後に、DHLのアカウントも取得する
という方法が良いかもしれません。

メルマガ登録はこちら

物販関係の最新の記事
Amazonの検証結果などを中心とした
メルマガです。興味のある方は是非登録してみてください。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ