物流を整備した結果 物流会社を作ることに

昨日、一昨日とDHLやFedEXのアカウント作成とその利点
などのお話をさせて頂きました。

なぜ私が、DHLのアカウントを取得し
直接Amazon倉庫に直納することを考え始めたかと言うと

・既存の物流サービスの値段が高い
・サービスレベルがとても満足できるものではない
・そもそも、B to Cに対応していない
・B to Cに対応しているが、こちらの要求に応じて頂けない

などの理由から
「できないなら、自分でどうにかやるしかない!」
というところから始まっています。

 

その際に
・国内のFBA納品代行
・海外への発送代行(海外Amazonへの納品など)
・海外からの輸入代行

もベンチマーケティングしておりました。

 

色々と調べた結果分かったことは

「個人がビジネスをする程度の物流サービスで、コストと対価を比べ
十分満足いくレベルのものは極めて少ない」

ということです。
当たり前の話ですが、良いサービスを求めると費用が高くなり
安さを求めるとサービスレベルが低下します。

 

特に不便だと感じるのは
「物販ビジネスに参入した初期の方々のための物流サービス」
です。

参入初期の方々の多くは
物量が多くないため、1kg当たりの送料が高い傾向にあります。

またSOHOさん等を雇って業務の効率化が図れていないことから
「発送指示・問題があった際の対応・荷受・ラベル貼り・再梱包・発送」
などをご自身で全て行うため、発送業務に時間を取られることになります。
特に輸出入の場合は、英語での対応となりますので
ストレスを感じている方も多いと思います。

 

では、結局どうすれば良いかと考えたところ
「そうか、自社で物流会社作ればいいんだ!」
という結論に至りました。

現状、私が担おうと思っている物流サービスは
1.アメリカからの輸入代行
2.国内Amazon等への納品代行(バイマなどのエンドユーザーへの発送も可)
3.各国への輸出代行
4.中国からの輸入代行

となります。

まずは、1.2.を固めておりますが
3.に関しては1.2.が終わり次第、すぐにリリースできます。
4.も形は整っているので、すぐにリリースできますが、現在ペンディングしております。

 

以上のように
現状は、通常の物販ビジネスに加え、物流サービスの構築にも力を入れております。
昨日は、商品の到着や発送、商品がどこにあるかなどのステータス確認のための
システム作りをしておりました。
外部に委託して作って頂こうかと思ったのですが
スプレッドシートを組み合わせることで、必要十分な機能が搭載できそうです。

 

こちらの物流サービスに関しても、進展があり次第ご連絡させて頂きます。

メルマガ登録はこちら

物販関係の最新の記事
Amazonの検証結果などを中心とした
メルマガです。興味のある方は是非登録してみてください。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ